| Home |


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
ソロコン構成レポ…みたいなもの。
もう、10月ですよ。

早っ。

それなのに、まだ9月のレポを書き上げていない筆の遅いアタクシです。
えっと。とりあえず、構成レポみたいなものができまして。
みたいなものです、あくまで。
どっちかっていうと、なんか…多分…感想文みたいな。

とりあえず、遅くなりましたがアップしておきます。
こんなもんでよければ読んでやってください。

ネタバレいやん、な方は完全スルーでお願いしますね。




【9月18日 1部・2部 ごちゃ混ぜ構成レポ】


この先ネタバレ注意!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ここから、ソロコンネタバレですのでご注意を。


かなりシンプル。
今回のセットを見ての第一印象です。
2年前のソロコンは、噴水があったり甲冑(!)がいたりして、コンレポ読んで臨んだにも
かかわらず、チェックに忙しかったものでしたが。

モニターは大きいものが3つ。他にもちっちゃいのがあったらしいです。
中央にあるモニターは8角形を上から潰したような(笑)形といったらいいかな?
バクステはなく、花道も左右に申し訳程度についてるくらいで。
リフトは花道の先端にありました。

【OP  Deep ~ アンブレ ~ 愛の十字架 】
客電が落ちかけたときだったかな?バーン!!という音にビビっていたら
いきなり始まりました。
松明持って、闇の中を探るようにゆっくりと歩いている人が数人。
舞台上が暗くて、どれがご本人だ双眼鏡で必死に探すのですが、何しろ
2階のスピカ席(←あまりの遠さに、勝手に命名。)なもので、全くわからず。

1曲目、Deepでスタート。
カウントが始まってから、ようやく光一さんのお姿を認識できました。
ソロ曲の中で、こんなにメディアで歌ってる姿を見た曲もないだろうし、個人的に、
こんなに回数聴いた曲もないんじゃないかと思うんですよ。
でもね。聴き飽きてないことに気づくんだわ、これが。
あたしはこの曲が好きなんだなぁと心底実感しましたよ。
衣装はテレビでみたやつと同じ感じですかね?
…席が遠くてよくわかんなかったんだよっ!!←切れ気味。

クロスは、イントロでその場で止まって、腕だけを大きく回す振りがあるんですが、
それがツボだったのと、歌っているときの光ちゃんがね~、ものすごい笑顔だったんですよ。
モニターでアップになったとき、そりゃもう柔らかい笑顔で、なんだかキュンキュン
してしまいました。
ただね、クロスって、あたしの脳内衣装はロミオだったんですよね~。
一人称が「僕」だからなのか、CDの歌い方が柔らかいからなのか、初めて聴いたときから
あたしの中ではロミオ曲。あの衣装で歌ってくれたら3曲目にして萌え死ねたのに…。
この曲で花道に移動したと思うんですが、ここでリフトあったかなぁ…?記憶が…。

【MC】

【 ± ~ Take me to… ~ ラブモア ~ Addicted ~ 追憶の雨 】
プラマイはテレビで観たネクタイプレイが、包帯プレイに変わっていました(笑)
白くて長い包帯のような切れに巻かれる光ちゃん。
しかも、間奏部分だけじゃなく歌中にも。
縛られシチュにうっかり萌えてしまうあたしなので、絡みつくどころかぐるぐる
巻かれていたような記憶があるんですが、幻影でしょうか?
曲の始めに椅子を使った演出もありました。

Take me to…はとにかく楽しかったです。
アルバムの中ではそこまで思い入れのある曲ではなかったんですが、生で聴いて
すっかり好きになってしまいました。女性ダンサーを従えて踏むステップは、
ちと昭和テイスト(笑)
曲の最後で、女性ダンサーに去られてしまって打ちひしがれる光一さんの手を、
アッキーが後ろからやさしく握り、それを見たマチコがよよと泣き崩れて暗転…という、
腐り脳人間向けの(?)演出がございました。

ラブミーモアは聴けると思ってなかったので、自分の中でかなり盛り上がりましたねー。
あたしは確認できていないんですが、自分をきゅっと抱きしめる振りがあるそうで、
それがなかなか良いらしいので、振替公演のときに堪能してきたいと思ってます。

そしてAddicted。
来ましたよ、2年ぶりのLEDを使った演出。前回より進化してました。
衣装は赤のロングジャケットスーツ、お帽子添え。キラキラしてました。
あたし的にはちょっと丈が長いかなぁと思うのですが。
で、このLEDを使った演出を文章で表現するのが凄く難しいわけですが。
最初、中央の上部にあるモニターにモノクロの光一さんの目のアップが映ります。
この目は、左右に視線を動かしていきます。
4枚のLEDパネルのうちの1枚だけに赤スーツの光一さんが映っていて、モニターの
視線の動きに合わせて、LEDの中の光一さんが1枚ずつパネルを移動していきます。
で、その後、MAとかダンサーさんの映像に切り替わるんだったかな。
そのあと巨大なミラーが数枚出てきて、その後ろから光一さんが登場するってな
仕掛けだったと思います。
ステージからま正面の席だったからなのか、とにかく光がミラーに反射してね。
まぶしかったです。
でも演出はかっこよかったので、これから見られる方はここ、必見だと思います。
あたし的ツボは、鏡に絡みつく(って表現は適切じゃないと思うんですが、
他に言葉が見つからない)振り。
例えて言うなら、踊り子さんがステージの上にある柱に絡みついて踊ったりしますよね。
鏡なんで絡みつく事はできないんですけどね、実際。
でもあんな雰囲気で…という記憶があります。妄想だったらどうしよう…。

追憶の雨。
これ、CDより生の方がいいと思いました、断然。
全ての曲に言えるのかもしれないけど、光ちゃんの声っていいなぁとか、
上手くなったなぁとか、特にバラードだからこそ堪能できるかもしれません。
あと、モニターに歌詞が出てた記憶があります。


【Why don't you Dance With Me?】
SHOCKでは、この曲の場面で秋山だけが舞台にいなくて、本人も歌いたいといったので
「では秋山のために」ということで歌う事になった。と、この曲をやることになった
経緯について、歌前に説明がありました。
当然、ツバサ(リョウ)を煽るあの部分は、「アキヤマ~♪」で(笑)。
めちゃくちゃ歌いこんでるだけあって、とにかく光ちゃんのボーカルがかっこいい。
お遊び的な要素はあるんだけど、パフォーマンスは本気。
最後のキメはアッキーで。そりゃもう、気持ちよかったそうです(笑)


【MC】


【Spica ~ Shadows On The Floor 】
スピカ。
天井に白とブルーの電飾が光っていて、それとペンライトの波が凄く綺麗でした。
ところで、あたしはこの曲、大好きです。
こういう曲が書ける光ちゃんは優しい人なんだな、とか思ってしまう。
生で聴いて、なんだか涙が出そうになりました。優しい声です。
スタッフからファンの子に評判がいいんだよ、と聴かされて意外だったという話を
2部でしていたと思います。「心を込めて歌います」って言ってました。
うん、届きましたよ。

ですが。
2部で彼はとんでもないことをやらかしました。
歌の最後に、ヲタ芸ポーズ。
あぁ…台無し…。でもそんなとこが好き。盛り上がったので良しとした。
このヲタ芸ポーズ、スピカ前のMCの影響かと思われます。
詳しくは、MCレポが出来上がったときにご参照下さいませ。

Shadows On The Floor
これもあとでMCレポがアップされたら、一緒に読んで下さいね。
秋山コーチとアシスタント光一による振付講座の成果を見よ!!ってことで。
すんげー楽しかった。これぞライブ!!この一体感が嬉しい。
1部はノーマルバージョン。
そして、2部はヲタ芸バージョンでした。

【One more XXX…~ SNAKE ~ ヴェルヴェット・レイン ~ ソーヤン】
One more XXX…ではステッキ使ってました。今回のスパニッシュ曲はこれなんですね。
SNAKEのスタンドマイクはめちゃくちゃカッコよく、でもやらっちがつけたと言う
ダンスもかっこよかったんだよなぁ。
あれをバックにスタンドマイクだからかっこいいのか。そっか。
ヴェルヴェット・レインは曲のタイトルからくるイメージは「霧雨」なんですが、
曲自体は「どしゃ降り」って感じ。ギターもって歌う姿に萌えます。げ~~~、男前。
そしてそのままソーヤン。
光一さん、通路に降りて走り回ってました。
そんな予定なかったんでしょう、1部ではお客さんが殺到しそうになって危なかったので
途中で止められてステージに戻りましたが、2部では柵ができてたらしく、
タッチの嵐を受けながらも、なんとか通路を1週してました。
あたしは2階席だったので、正直下に降りてしまわれると全く視界から消えてしまうんです。
もう、見えない!!って感じで。
でもみんなを楽しませよう、一緒に盛り上がろう、という光ちゃんの熱意が伝わって
くるようで、そんな気持ちがすごくすごく嬉しくてウルウルきました。

【下弦の月 ~ 夜の海】
衣装は噂どおり、アレでしたが(笑)
事前に知っていたものの、この流れはやられました。
下弦は和傘をつかった演出ですごく綺麗だったし、最後に赤い花びらが降ってくるんですが、
そこでどうしようもなく泣けました。
そこにあのイントロが畳み掛けてくる。もうやられまくり。胸がギューギュー締め付けられる。
あたしは群舞がとても好きなので、そしてこの夜海のラストの三角フォーメーションが
すごく好きなので、そりゃもう鳥肌でした。

【愛の十字架】
サビから入る歌いだしのみ、バラード調。ピアノ一本のみの伴奏で光一さんが歌います。
モニターに歌詞が出てくるんで、一緒に歌って欲しいってことかなぁと思うのですが。
実際2部では、途中で会場に振ってきました。なので一緒に歌いましたが。
ただ、やっぱりここは歌声を堪能したいってとこもあるんですよね~。
そのあたり難しい。
1部は息が苦しかったのか、泣いてるような歌声に聞こえてぐっときました。
衣装は白シャツにDKロゴが入ったもの。意外と好きかなと思いました。
このとき確かリフトアップしていたと思うのですが、とにかくこの曲での笑顔が
柔らかくて、ようやく乾きかけた涙が、じわ~っと来ましたよ。
いいな、やっぱり生はいい。

【EC プラマイ】
最後はもう盛り上がるしかないので。
この曲の男前なボーカルが好きです。ライブになると、その男前度がグッと上がる。
ラストにはいい選曲だと思いました。もうとにかく、ペンラ突き上げて踊りまくれる。
踊る、飛ぶ、踊る。
燃え尽きろ~~~~~~~みたいな。
1部はここまで。汗びっしょりでお疲れさん!!

【ダブルEC  Why don't you Dance With Me?(2部のみ)】
やってくれると思わなかったので。もの凄く嬉しかったです。
とにかく燃え尽きて終わりました。
楽しかったぁ~~~!!

詳しくはMCレポにて。

今回は、バクステなし、花道も無いに等しい状態で、おまけに席がステージから
一番遠い2階席というハンデもありまして、正直、1部の途中で「光ちゃんが遠いなぁ~」
と何度か思いました。衣装も、おぉ~~~~!!っていうようなモノがなかったし。

ですが。

前回は何でもありのテーマパークで、どこ見ていいか迷う~みたいな感じでしたけど、
今回は、より音楽を聴いて楽しめる構成になっていると思います。
2年前のソロコンとは全く違うアプローチ。
すごく大人で、渋い。
だからといって、大人しく聴くばっかりじゃなくて、参加して一緒に盛り上がれる
部分も沢山ありますよ。
実際、光ちゃんからも「一緒に盛り上げよう!」っていう気迫みたいなものが
伝わってきたし、通路に下りてきてくれたのもそういう配慮があったからなのかなぁと思います。
これから参加される皆様。
ぜひぜひ、光ちゃんと一緒に思い切り盛り上がって、楽しい空間を作ってくださいね。
ライブは楽しんだもん勝ち!!ですから。

えっと、こんな感じです。つたない文章ですいません。
MCレポももうちょっとです。
とりあえず、1部は出来てるのであとでアップします~。
mirrorコンレポTB(0) | CM(0) | top↑
<<9月18日・1部 MCレポ。 | Home | B-PASS、あった。>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
だから王子だってば。   の歩き方
是非、ご一読ください。
参加ブログランキング
お気に召しましたなら、ぽちっと。
ついったー
つぶやく、つぶやく。
プロフィール

えりりん

Author:えりりん
九州の片田舎在住。
趣味は「堂本光一を愛でる」こと。



皆さまのあしあと。

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。