| Home |


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
9月18日2部・MCレポ
ええと、ほったらかしにしていた18日・2部レポをアップ
いたしました。

実は、更新日が39イベ前日。

なんかねー、書いたままアップするのを忘れてたらしい。
ちょっと前にこの存在を見つけて大慌て(笑)
宿題残したままイベ参加は嫌なので、今更ですがとりあえず。



見つけちゃった方。
よろしければどぞー。

↓↓↓↓↓
【MC1】

●まずは客席いじりから。
今回の第一声は「堂本光一です!」でした。
ロスブラウンだの、シューマッハだの、各公演で似非F1関係者(笑)を
騙っていた光一さんですが、どうやら1部のどん引きが堪えたらしい。
「俺、ツアー始まってから初めて、自分の名前言ったよ。」
ま、それが普通だと思います(笑)
そして、王子は宣言をしました。
「今日は『う○こ』と言わずにいようと思います。」
「絶対に『う○こ』とは言いません!!」
「・・・といいつつ、もう2回も言ってるんですけどね。」

光一さんは王子の癖に(?)、この単語が大好きらしい。自分はしないのに。
そんな彼には、タカアンドトシ風に突っ込んでみたい(笑)
・・・小学生かっ!!

さて。
1部でも思いましたが、今回は客席の声を良く拾ってくれる光一さんです。
こーちゃん、こーちゃんと呼びかける客席にいちいち答える光一さん。
「はい、こーちゃんですよー。」
「はい、はい、こーちゃんです。」
すると男性の声がして、会場がどよめく。
「そうなんですよ、名古屋もそうだったんですが、結構男性が来られてるんですよ。」
といったとたん。


こーいちぃー。


でかい男の声。
なんか嬉しそうでした、光ちゃん。

●さぱっ!
某所でやらっちが語ってましたので、ご存知かと思いますが、福岡1部、2部共通で
光一さんが覚えたての言葉をやたら使いたがる子供のように(笑)、事あるごとに
使っていた擬音が、これ。
あまりに意味が無い感じだった(←失礼)ので、どんな風に使っていたのか記憶が
曖昧ですが、なんかこう、素早い動きにあわせて、「さっ!…さぱっ!」
みたいな感じ?
意味不明な説明だなこれ…。

●一緒に覚えよう?!
話題は、ソロアル話へ。
まずは客席にアンケート。
「アルバム買ったよ、っていう人―!」
「まだ買ってない、っていう人―!」
「それじゃ、曲を覚えてる人―!」
「覚えてない人―!」←意外に多い。

よし、じゃあ一緒に覚えよう!!
…ん?一緒に覚えよう・・・って(笑) ←言動のおかしさにきづいたらしい。
そして、

たまに間違えますけど、よろしく!!

と、ぺこり。そしてお客さんに「たよりにしてまっせ。」と。
すると、当然会場から「うたって~」の声があがります。それに応えて、
♪おっさんおっさんおっさん♪と光一さん。
振られたわけでもないのに、自然と会場も♪おっさんおっさんおっさん♪
こういう自然発生的な掛け合いは楽しいなぁ~、なんてホコホコしていたら、

ま、今のは買い物ブギなんですけどね。

と、冷静に光一さんに突っ込まれました。ははは…。

●台風にも負けないチームワーク。
交通機関が止まってしまうかも、ということも考え、前乗りしていたミラーチーム。
俺はぜんぜんやってもよかったんですけどね、お客さんの安全を考えて中止と
いうことになりまして、と光一さん。
中止が決定し、丸一日何もせずに過ごすのは時間がもったいないってことで、
17日は諸々の調整日となったようです。
できたら、あのボンバイエの衣装をどうにかしてくれ…(略)
ミラーチームの「いいものを作ろう!」という気持ちはきっとひとつで、調整は
「キャストは午前2時まで、スタッフは朝まで。」という光一さんの言葉に
会場からは拍手が。
いつも、こういう頼もしいスタッフに囲まれて仕事ができる光一さんは
ほんとに幸せだなと思うのですが、それにはきっと誰より本人の頑張りがあり、
みんなはその姿を見ているからこそ、「よっしゃ、任せろ」という気持ちに
なれるんだろうな、と。いいチームワークですよね。うん。
そんな心意気で作り上げたステージは、きっと今の堂本光一を映し出す鏡に
なったのだろうと思います。
言葉は正確に覚えていないのですが、MC中、ご本人もそんな内容の話を。

今日のこのステージが、ミラーのように映るか…

と言いかけて、会場がおぉ~~とどよめくと

お~っと、いいことゆーた。

ちょっとテレ気味にごまかす光一さんなのでした。


【ミニMC】
●追憶の雨について
SHOCKでは、ピアノ曲として使われた曲ですが、もともとはみんなで歌うように
作っていて、歌詞もついていたと説明。
どの場面かということを説明するのに、
「ブロードウェイには魔物が住んでいる」とSHOCK調の台詞で説明。
そんな些細なことも、美味しく頂けるえりりんです。



【MC2】
MAがそのまま残り、MCに突入。
いきなり光一さんが、「腕の赤いやつがボンレスハムみたい」と。
その腕がハムなら、あなたよりふくよかな、世の中の大多数の方は一体どうしたら…。

今回のソロコンもすごく踊るし、暑くて汗を沢山かくらしいです。
1部と2部の間にスタッフが「すいませんー、乾きませんでしたー。」とステージ衣装を
持ってきたらしいんですが。
光一さん、それはほれ、すご~~~く生地を薄くするとか、
すご~~~く生地の面積を減らすとかするといいと思うよ?ね?(ニヤリ)

MAの「1日3回公演とかありましたね~」という話から
「俺「ら」も5回やったことある!」と光一さん。
5.5回って、こーいちさん…←脳内であらぬ方向に変換し、クラクラ。

●MAのミュージカル話
福岡にも来るよ!!ということで、その会場が「メルパルクホール」という話から、
突然光一さんがMAへクイズを出題。
「ここの会場名、わかる?」とまずマチコへ。
一瞬固まるマチコは、「○※☆△&%福岡。」とごまかした(笑)
順に聞いていくのですが、結局誰も答えられず、アッキーが正解を。
英語だから解らなかった、とワケワカメな言い訳をするメンバーですが、
マチコだけは、「どきっとしました。」と。
急に質問されたからじゃなくて、光一さんと目があったことに、だそうです(笑)

マチコよ、一度君と膝を突き合わせて「光一さんの素晴らしさ」について
語り合いたいぞ。

●KinKiも来年10周年!
今回のツアーでもバックについてくれることになり、MAと仕事をする機会が多いと
光一さん。剛より一緒にいる…と。
その流れでKinKiのCD話になり、アッキーが「たまにCDが出たときには・・・」と
言いかけて、失言に気づく。
会場から、えぇ~~~!!と大ブーイング。
すると光一さん、アッキーに向かって「いや、もっと言ってくれ!!」と。
秋山さんも遠慮なく「今年出た、夏模様とか、夏模様とか、夏模様とか・・・・」
つまりは1曲しか出てないということが言いたいわけですね?

来年、KinKIKidsも10周年ですからね~。と光一さんが言うと、会場、大盛り上がり。
今年ソロ活動が多いのも、「来年に向けて、お互いを高めよう!」ってことらしいです。
さらに光一さん、今年ソロをやってお互いを高めたところで、来年は10周年で
KinKiの活動も充実させるぞ、って主旨のことを言いたかったんだと思うのですが、
簡潔に一言で述べようとした光一さんが選んだ言葉が、これ。


合体!


光ちゃん?光一さん?
えっと、あの。
合体と言われて思いつくのは、某釣り映画の、ご夫婦の夜のシーンですが。
(コラ)

さらに、
ふゅ~じょん!←振りつきで。
ドラゴンボールに出てくる技らしいのですが、すいません、わかりません。


楽しみにしてて!
と、光一さん。
えー、えー、楽しみにしてますよ。してますとも!!

すると、「そのときはぜひぜひ」とアッキーがMAの営業を。(笑)
どうやらDeepのときにお呼びがかからなかったのが不満だったらしい。
「シングルのときもね~…」と恨めしそうに言いかけると、察した会場から笑いが。
光一さんが歌い踊るのをテレビで見ていて、さぞかし寂しい思いをしたんでしょう。
その分ステージで思いっきり弾けておくれよ。

話は最近の活動について。
ソロ活動が多くなっていますが、恒例化はしません、とのこと。
事務所内ではソロ活動をしているタレントさんも多いので、それを見ていて色々と
思うこともあるのでしょうか、ぼくは自由にのびのびと…と光一さん。
残念そうな会場の様子に一喝。

ソロは自由がいいっ!!

だそうです。

●世にも奇妙に大貧民。
世にも奇妙な物語に出ることになりました、と報告。
アッキーだったかな?「タモリさんの役をね」と。
まぁそれはそれで、ストーリーテラーの彼を見るのも悪くないかも。
多分第1話だと思うんですが・・・とおっしゃってましたが、見事22時またぎ
でしたね~。
撮影は、明日からなのに「まだ台本おぼえてねぇ~」だそうで。
ということで、「今日は大貧民出来ないのがかなしい」ですってよ(笑)


●マジシャン登場!
カードマジックやろうか?と、秋山さんにリクエストした光一さん。
トランプ持ってきて~と。
しまいには「ここで大貧民やろうか」とか言い出す始末。

さて、リクエストに答えて秋山さんがマジックを披露することになり、
秋山さんが、光一さんに一枚引くように言いました。
引いたカードはダイヤのA。おぉ~、とどよめく会場。
それを戻して、切りなおします。
このとき、カメラさんがステージに上がって、秋山さんの手元をアップで撮影
するのですが、カードを操る秋山さんの手が震えているのが気の毒(笑)
あたしの席の周辺では「手ぇ~、震えてるぅ~」とあちこちからつぶやく声が。
そしてこんだけ気づかれているのに、それに全く触れられないのが、なんだか
もっと気の毒です。
最終的に、見事にカードは当たり、すげーと子供のように喜ぶ光一さん。
会場から拍手も起こります。
すると今度は、自分もやると言いはじめる王子(笑)
プリンスコー・チャン再び!(懐かしいな。)
メイクさんから教えてもらったというマジックを披露することに。
そして次の瞬間。


ちょん。


ステージ中央に正座しやがりました。
あの。
可愛すぎてクラクラ。

やらっちにカードを引かせると引いたカードはダイヤの5。
引いたカードを「どこでもいいよ」と元に戻すよう指示し、それを切らせる
光一さん。指示するときに言ったセリフがこれ。


きってちょ。


き、きってちょだと?
27歳男子の言葉のチョイスとして、これはどうなんだ?
かわええじゃないか。

さて、切ってもらったカードを受け取り、光一さんはそれを3つの山に分けます。
秋山さんのように手こそ震えていませんが、スムーズなカード捌きというには程遠く、
擬音を当てはめるなら、ぺんっ!ぺたっ!みたいな(笑)
1つの山ごとに「この中にある?」と確認していくんですが、これが又適当というか、
そっけないというか。
2、3度繰り返した後、最終的に1つの山に絞り、そのカードを一枚ずつ互い違いに
重ねていき、それを床でとんとんと叩いて揃えていくと、あら不思議。
選んだカードが飛び出してくる、という仕掛け。
無事ダイヤの5が上に上がってきて、大成功。自慢毛ボーボーな光一さんなのでした。
今冷静に考えてみれば、あの秋山さんのカードマジックって…

自分がこれをやりたいが為の、壮大な前振りだったんじゃ…?

さて。
これだけ一緒にツアーを回っているMAさんですが。
光一さんが「日常何やってるか」とかいう私生活の想像は未だにつかないらしい。
外でないし…と光一さん。
家で何やってるかは…言えない。んだそうです。
そうやって謎めくと、「何」をカタカナに変換しそうになる腐った脳内。←変態上等

ま、外に出ないといっても、SHOCKチームではボーリングにも行ったり
しましたよね~と。
あのボーリング大会は別の場所でも話題になっていましたが、光一さんは散々で、
68という、女子でも中々出さないであろう驚異のスコアを叩き出したらしい。
ストライクがなかなか入らなくて、やっと入った!!と大騒ぎしていたら、
画面に「ファール」という残酷な文字が。
マネージャーに「スコアいくつだった?」と聞いたら120いくつだと
言っていたのに、あとで85だったということがわかり、
「なんでそんな嘘つくんだよ!」と憤慨されてました(笑)
ボーリングの話から、HEY×3のKinKiヘボボーリングの話へ。
つよしが下手なんだよぉ~~…いや、俺も駄目。とそっこーフォロー。
…というか、そっこーお揃いにしたようにあたしは感じました。
ええ、ええ、腐ってますので(笑)

前乗りの前日って言ってたかな?野球をしてきたそうで、腕が痛いとブンブン回す
光一さん。
そういえば、ピップエレキバンみたいなの貼ってましたよね?
とアッキーに言われ、怪訝顔。
年寄り扱いみたいで嫌だったんですかね?そっこー否定する一言を。


ち・た・んっっっっ!!


ええ、思いっきりひらがなでしたけども。

さて、このツアーでは観客に対しドSな発言が目立った光一さんでしたが
いつもおこちゃまには優しいお人です。
客席から聞こえてきた子供の声を、敏感に拾っていました。

ん?ちっちゃい子の声がする。
なんだい?おやつの時間か?

この言い方がめちゃくちゃ柔らかくて、ちょっとキュンキュンしました。

そしてこの後、恒例の振付教室に移るというのが通常の流れですが、
光一さん、その大事な段取りをお忘れに。
MAに指摘されるまで本気で忘れていたらしく、指摘されて大受け。
つられて会場も大受け。

ところで光一さんのお気に入りは、やらっちの「ヒップホップと見せかけてバレエ」
だそうで。
バリンバリンに(笑)ヒップホップを踊っているのになぜか最後はバレエに変化して
行く…と言う、それ、面白いか?(コラ)みたいなやつなんですけども、王子はそれが
いたくお気に入りだそう。

屋良くん、見ぃ~たぁ~いぃ~。
うぇ、おねだりモード可愛ええ。

華麗に踊る屋良サンを見て、さらに「もっかいやって、もっかいやって…」と
おねだりモードが加速な王子。
そんな可愛い先輩の頼みを、何度でも聞いてくれそうな勢いのやらっちなのでした。

●1万数千人でヲタ芸を打つ。
そんなこんなで、いよいよ振付教室。
きり~つの合図で、客席もわらわらと立ち上がります。
1部で覚えた振り付けがキッチリ頭に入っていたあたしは、すっかり余裕。
「よっしゃ!バッチコイ!」くらいの感じで構えていたのですが、
気まぐれ王子は、一部と同じ振付にするつもりは更々ございませんでした。
まず指差しポーズからハッスル、ハッスルまでは1部と変わらず。
(端折りますので、お時間ある方は1部のレポを参照下さい。)
そして変更はここから。しかも、よりにもよって、選んだ振付が


ヲタ芸。


そうです。いづぞやの兄弟で、彼が狂ったように踊っていたアレ。
しかも「うりゃほい!うりゃほい!」の掛け声付き。
そして、意外にノリノリな場内(笑)でも光一さんたら、自分でやらせたくせに
ノリノリな客に対して「なにこの集団。」とあまりな一言を。 
そうは言いつつ、動きが難しいとの声にはスローモーションで説明してくれたり。
さらに秋山さんが、動きに合わせて声もスローモーションで実演。
光一さんは「お前うまいなー」と大受けでした。

後で知ったのですが、ヲタ芸はその場の思い付きだったらしく(やっぱりな。)
ダンサーさんがモニターで振りを確認していたらしいです。
そしてさらにその後ろでマネさんが一緒に練習していたらしいとダンサーさんの
ブログに書いてあったそうでございます。


●Wアンコ。
2部はWアンコでした。
最初から異常な盛り上がりを見せていた2部でしたが、
アンコールが終わっても、その盛り上がりはとどまることを知らず。
終了のアナウンスが流れ、客電がついても拍手がやまない。
コールもやまない。
とうとう似非アナウンス嬢の場内放送が。

温かい拍手をありがとうございまぁ~~す。
でももう歌がございませんので…


明らかにバレバレな、声が裏返り気味の光一さんのアナウンス。
諦めてね、という放送かと思いきや、なんとご本人が
満面の笑みをたたえ、ステージに登場。
会場、割れんばかりの歓声。
あたしももう切れそうになるくらい叫んだと思います。
出てきてくれた。
それだけでもすっごく嬉しかったんですけど。
曲がないんだよー。とテレテレ顔で言いつつも、なんと

Why don't you Dance With Me?をアカペラで。

アカペラの光ちゃんと客席の掛け合いは、もの凄い一体感。

いやぁぁぁ~~~楽しい~~~~~帰りたくない~~~~~~。

最後にMAも出てきてくれました。
アッキーは「JUST DO IT!」が快感になったらしく、光一さんに
「俺の気持ちがわかるだろ?」と聞かれ、素直に「はい」と答えてました(笑)
そして楽しい思い出と、とびきり素敵な笑顔を残して光一さんは
ステージの奥へ消えていきました。
何度も、何度もありがと~~~!!!といいながら。
会場からも、光ちゃんありがとう~~~という声が沢山聞こえましたよ。
もちろんあたしも感謝を込めて、きちんと言葉にしました。

さて。
客席に残されたあたしですが、しばらく立てないくらいでした。
もう涙はでるし、燃え尽きてるし、で。
2階席の1列目だったので、通路を通る人たちの視線を浴びつつ、
ハンドタオルで、ひたすら涙を、汗をぬぐい。
でも現実に目を向けて、帰りの支度もしなきゃ…みたいな。
そんな女を見かけた記憶のある方、それがあたしです。
完全に化粧ははげてたと思いますが。
そんなことも気にならないくらいの楽しいライブでした。

次は3日。またまたスピカ席ですが。燃え尽きてきます~~~~~~!!!
THEME:堂本光一 - GENRE:アイドル・芸能
mirrorコンレポTB(0) | CM(0) | top↑
<<氷多めで。 | Home | 終わりました。>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
だから王子だってば。   の歩き方
是非、ご一読ください。
参加ブログランキング
お気に召しましたなら、ぽちっと。
ついったー
つぶやく、つぶやく。
プロフィール

えりりん

Author:えりりん
九州の片田舎在住。
趣味は「堂本光一を愛でる」こと。



皆さまのあしあと。

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。