| Home |


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
銀幕版、感想。
映画見て、テンション上がって湯布院までドライブに行ってしまったため、激しく眠い
えりりんです、こんばんは。
ま、車で1時間弱の距離ですけどね。


しかし、今日は眠いとかなんとか言ってられません。
とりあえず、感想を書かなくては眠れねーっちゅうの。

そこまで深く内容に触れているわけではありませんが、ご自分で映画館に足を運ぶその日まで、
ネタバレ避けたい皆の衆は、回れ、右。


では、初見の感想語り~。

やっとネタバレ解禁~~~~~~!!

ネットで情報収集してるときに、でっかいネタバレに遭いたくないとびくびくしていましたが、
それも今日で解禁。
公開初日の初回に見たい!ということで、最寄のシネコン(車で10分弱)に行きました。
個人的に、映画館で映画を見るのは、年1回あるかないかです。
キサラギ以来か?
そんなあたしにとって映画鑑賞は一大イベント。
少々緊張気味に入場し、他のお客さんを見て初めてパンフを買い忘れたことに気づいたり。
ポップコーン食べながら、パンフめくりつつ暗転を待つ・・・なんてことからは程遠いことになり、
光一さんから届いたメールを何度も読み返しながらの待ち時間となりました。

ちなみに、初日の初回に張り切って見ようなんてのは、ヲタばかりだろうと踏んでましたが、
本当にそのような感じでした
ただ、何人か一人で来てる男の人を見かけたので、さとみファンかなーと思ったのですが、
そのうちの一人とグッズ売場で一緒になり、彼は熱心にストラップを見ていたので、
もしかしたら同士かも知れません(笑)
結局、彼はパンフを買って、あっという間に去っていきました。
あたしは、パンフとステッカーとクリアファイルを購入。


さて本題。


どこかのプロモでかわたろーが、子供向けと思われるかも知れませんが・・・と言ってたけど、
あたしは、子供には難しいんじゃないかと思います。かといって、大人向けかと言われると
そうでもない。あえて言うならヲタ向け?(笑)


でも。


楽しかった。


これが一番の感想かな。
司はもちろんなんですけど、ほんとにみんなが愛すべきキャラクターだった。

河太郎も。
ギャル師匠も。
八十八のみんなも。

脇にいる人たち含めて、みんないい味出してました。

ファンとして、ビジュアルで楽しめたのはもちろんで、そこを一番期待して行った訳ですが、
期待通り最初の登場シーンからエンドロールまで、どの司も魅力的でした。


そりゃもう、可愛いのなんのって!!


意外とお顔のアップが多いのが嬉しい。で、いい表情してるんだ、これが。
何度か「ほぉぉぉ~~~」と見惚れた瞬間がありました。
顔に負けないくらい、ミクロなおケツのアップも多い気がしましたが。

可愛いだけじゃなく、凛々しくもあり。
そして思ったより(コラ)感動するところもあったよ?こーちゃん。

全国行脚中に、どこかの女子アナに「泣きました」と聞かされて「どこで?」と
応えていた光一さんですが。

泣けるとこ、ちゃんとあったから!!

まずは始まってからすぐ、ストーリーと関係なく泣きそうになってしまいました。
感無量ってやつです。
で、河太郎との田んぼのシーン。あれ、泣けるよね?号泣だよね?
この映画で泣けると思っていなかったので(コラ・その2)自分でもびっくりしたけど。

話題のエンドロールは、写真自体を既に見ていたとは言え、大画面で見るとツボ倍増。
どんどん「どこにいるんだ?」状態になるまいずサンを見つけたとき、思わず噴いたw
そういうツボつかれるのは嬉しいです。
多分、まだ気づいてない小ネタが隠れているんだろうと思うので、それを探すのも楽しみ。
初主演映画ですし、ファンとしては当然通いつめるつもりではいましたけど、映画館に
足を運ぶこと、それ自体をちゃんと楽しめそうです。

明日も行くつもり。
うふ。
THEME:堂本光一 - GENRE:アイドル・芸能
堂本光一】 | CM(0) | top↑
<<来ちゃった。 | Home | 湯布院にきました。>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
だから王子だってば。   の歩き方
是非、ご一読ください。
参加ブログランキング
お気に召しましたなら、ぽちっと。
ついったー
つぶやく、つぶやく。
プロフィール

えりりん

Author:えりりん
九州の片田舎在住。
趣味は「堂本光一を愛でる」こと。



皆さまのあしあと。

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。