| Home |


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
緊急大分レポ 1日目②
早いもので、今日から第2弾。
今回のパンフ、いいらしいっすねー。早く欲しー。
クリアファイルも、今回は集合がでるんで個人と集合買うでしょー。
ブランケットも欲しいけど、売り切れそうで怖い。
バスタオルは両方欲しいなー。大阪しか行かないけど、東京赤だし。うう。
フォトセットも、集合・個人とも、買い。

はー、金がいくらあってもたりねー。


さて。
そんなこんなで、世間は第2弾モードですが、あたしはまだ宿題を提出していないし、
地元コンモードをがっつり引きずっております。
そんなえりりんがお送りする、コンレポその②。

よろしければー。





【緊急。大分レポというか感想みたいなもの②】

月光ジャンケンは、最初に光一さんパー・剛さんグー。
すると、剛さんは指を拳銃の形にして光一さんに向け、光一さんは両手上げて降参。
暗転までごちゃごちゃやってました。


PVアテレコは実況パターン。
初めてキンキをみる、という人が意外と多かったからなのか、ドッカンドッカン受けている印象。
そして、PVが終わるといよいよです。

極少トロッコ。

会場が小さいせいでスケステ入らないよ、という事前情報どおり、ちっちゃいトロッコが登場。
2人がばらばらに左右ひとつずつあるトロッコに立ち、レーンの上を、これまた超低速移動。
アリーナちっちゃくてよかった。
レーンから数えて3個目の席だったあたしは、下から見上げた超至近距離の光一さんに悩殺されて、
腰が抜けそうに。
人間本当に興奮すると、声が出なくなるものですね。
友達によりかかり、体制を立て直そうとするのに必死。
そして、復路の剛さんにはお手振りもらった「気がして」、大興奮。
絶対目があった気がする。気がするだけだけど(笑)

たよりにしてまっせはしゃかりきバージョンでした。
そして歌い終わった後「あのウチワを上回る、僕を止めるものがあった」と光一さん。
踊ってる最中、しゃがんだ途端につけていたペンダントのペンダントトップが凶器となり、おでこに
向かってきたらしい。
それを言葉を発せず、ジェスチャーで表現しようとする光一さん。
表情はビックリ顔。もちろん視線は剛さんにロックオン。
その様子が、会場に向けての説明と言うより「お前の見てないところで、俺こんな目にあった」と剛さんに
訴えているように見えるあたしは、さすがの腐り脳(笑)
もちろん剛さんは、そんな光一さんのジェスチャーをナチュラルに翻訳。
「ペンダントヘッド・・・おでこに強打・・・」

まさに、自動翻訳機。

しゃかりきに踊る自分の動きを止めたペンダントトップを見つめ、改めて、「いや~・・・すげーな、
こいつ。」と光一さん。
「みんなから僕は止まってないように見えたけど、僕は・・・あ、これ相対性理論だね。」と、しれっと
相対性理論に話を向けようとしましたが、「無理にそこに結び付けなくてもいいですよ」と剛さんに
却下され。
「そうですか・・・残念です。」
・・・ほんとに残念そうでした(笑)

さて、前回の公演から3週間。話題は、その間にあったこと報告会。

3週間の間におぉ~~~きな出来事があった、という光一さん。
その出来事とは。

ルイス・ハミルトンがワールドチャンピオンに。

はいはい、来ましたよ。予想通りのF1ネタ。
ブラジル戦すごかった!と力説の光一さん。
というわけで、ここからブラジル戦がどう凄かったのか、の詳細な説明タイム。
例によって会場放置でお送りします。
最終戦、優勝が絶対条件のマッサと、5位以内でワールドチャンピオンとなるハミルトン。
マッサは1位を死守し、ハミルトンは5位を目指して手堅いレース。
その他のチームの攻防と、天候の変化も絡め、必死に説明する光一さん。
温かく「うんうん」と話を聞いてやる姿勢の剛さんですが、そこは慣れたもんで話が長くなるのを
見越してか、飽きないようにちょいちょいチャチャ入れ。
それがかえって更なる会場放置となり、見ているこっちは美味しすぎ。

残り数百メーターで、ワールドチャンピオンが変わったの!!
何百メータくらいですか?ちなみに。

質問するとこ、そこ?みたいに失笑しつつも、話を続けることが重要な光一さんは
2、300メーターくらいじゃないか?とまともに答えてみた。
そのまま話は続き、剛さんのイジりは、各レーサーの名前ツッコミへ。

マッサという人ね、フェラーリーの。
おっさん?・・・なんすか?
おっさんじゃない!ま・っ・さ!
おっさんって聞こえたから・・・
ふぇりぺ!まっさ!
・・・フェリペ・・・マッサ・・・
いえっす!
いやいや、「いえっす!」じゃあらへん。韻踏まんでええやん。
ふぇりぺ・まっさ!いえっす!

結構気に入ったらしく、「いえっす!」と同時にガッツポーズなのが可愛い。

後ろにはチームメイトのコバライネンが・・・
クラスメイトのコバタさんが。
クラスメイトの・・・コバタさんって・・・だれ? ←ツボ入ったらしく大ウケ。

しかし、笑いつつも話は続けたい光一さん。

ま、まー、えーわ。ルイスハミルトンのクラスメイトのコバタさんが・・・

正確な名前を伝えることより、話を先に進めることに必死な光一さん。

クラスメイトやから・・・
で、このコバタさんは・・・


この後の説明は、なぜか「クラスメイトのコバタさん」設定のままで(笑)
さらに話は続き、どうやら山場に差し掛かったらしく、語気を強める光一さん。

そこでだ!ルイスハミルトンは・・・しかも!・・・しかもだよ!

ためてみる。

んふふ・・・何回いうねん、わかるっちゅうに。

・・・

さらにためる光一さん、このタイミングでまさかのスポドリタイム(笑)

・・・飲むんかい!どんだけ喋っとんねん!さっきより(踊った直後より)飲んどるやないか。

剛さんの突っ込みも絶好調。
そしてスポドリタイム明けの光一さんから、また新たなレーサー名が。


セバスチャン・ベッテルというね。
・・・へ?

どんな風にイジルのか、会場から期待を込めたクスクス笑い。

せばすちゃん・べってる!
おばちゃん・・・減ってる?・・・おばちゃん減ってる?どこが減ってるんですか?
お腹減ってる?

はいはいはい。おばちゃん減ってるさんがですね・・・

固有名詞は、この際もうどうでもいいらしい(笑)
この後、その後降った雨の影響とかを交えつつ、一生懸命「どんなに凄かったか」を説明して
なんとか最後まで辿り着き、いや~面白かった~と満足気な光一さんに、
チャチャを入れつつでしたが、最後まで話を聞いてあげた剛さんの、

面白かった?

というこの一言が、「そっかー面白かったかー、よかったわー」という優しさに
あふれていて、きいてるこっちも満足。

それがこの3週間にあった「凄かったこと」ですが、何か?
こんな話ですけども、何か?

まぁ、いいんですけど。
「僕の」っていうからお前の話かと思ったら、よくよく考えると「お前の」じゃないねん・・・

テレビを見た感想ですけど、何か?

しつこいまでの「何か」押し(笑)

「僕の・・・」っていうから、君の私生活に何かあったのかな、と。
僕の私生活には何にもありません。
あー、それ残念・・・
あ、ありましたね!
お前・・・「ない」って言って2秒後にあるん?

失笑しつつの剛さんに、ホントにたいしたことじゃないと断って、

トイレのね、鍵がみょ~んってなって壊れて・・・
トイレの鍵が閉まらない?
いや、だから・・・みょ~んって・・・

そんな出来事がありました、と話を終えようとする光一さんに、みょ~んがわからないと訴える剛さん。
光一さんはジェスチャーで説明してくれるのですが、イマイチ伝わらず、みょ~ん、みょ~んと繰り返す
ばかり。
みょ~んっていってる光ちゃんが可愛いから、それだけでいいけども。
家でトイレ使うときドアも閉めないくらいなのに、どうして壊れたのか不可解なんだそうで。
「ドアぐらい閉めようぜ」と剛さんが指摘すると、

結婚してカミさんがいたり子供がいたりしたら、そりゃ締めるわよ!!
なんでそんなおカマ口調やねん。びっくりしたわ。
こんなに急にカミングアウトされて、ドキドキしたよ。え?そうやったん?って思って・・・


カミングアウトだと思ってドキドキしたん?剛さん・・・(ニヤニヤ)

しかし、鍵が壊れてるっていうのは怖いね。
・・・うん・・・みょ~んって・・・ (なんとなく剛さんに訴えてる)
だれか入ったんちゃうん?

知らない間に誰か入ったって、みんな不法侵入想像したらしく冷える会場の空気。
なのに。

ま、共同生活ならいいんじゃない?誰かいても。
共同生活?
幽霊だろうと何だろうと。

・・・光一さんが幽霊と共同生活していないことを祈ります。

トイレ話はさらに続き、恒例ですが(笑)長瀬が光一宅に遊びに来たときのトイレ話。
光ちゃんを見つめながら用を足すという長瀬。
リビングのソファーに座っていると、ちょうどトイレが見えるというこことで、剛さんをトイレに見立てて、
位置関係を説明しようとした光一さんに

ちがう!お前のほうがトイレやろ!!
なんで俺のほうがトイレやねん!巻き込まれトイレやないか。


兄弟の便器ネタをここまで引っ張るとは(笑)そして、頑なに便器役を拒む剛さんです。
そして、便器役を自分のものにしているらしい光一さんはあっさりと配役交代し「ソファー役・剛」
「便器役・光一」で落ち着きました。
さて、自分の話がすべて終わり、あ~楽しかった、とここでも満足気な光一さんはこの3週間の間、
なんかなかったの?と、今度は剛さんにバトンタッチ。

ん~とね・・・あ、僕の友達の話していい?
いや、友達の話より、あなたの話のほうが皆さん喜ぶと思うよ?

いや、お前がな、というツッコミは心の中。

何にもなかってんやもん。考えたら、家で絵描いてた・・・

という剛さんに、

まぁ~~~暗いっ!!
暗い子っ!!
なんて暗い子っ!!


となぜか舞台台詞っぽく、声は1段階高めで叫んでみる光一さん。

魚はまだ泳いでんの?家で。
泳いでるよ、今もちょっと会話したくらいで。
まぁ~暗いっ!!なんて暗い子なのっ!!
ちゃう、ちゃう、エーハイムっていうモーターがあって。
セキスイハイム?なに

でたっ!さっきのイジり返し(笑)

エーハイムっていうな・・・
えーはい~
エーハイムっていう・・・
ええハム?
なんでええハムを水槽につけんねん。食べるわ、それやったら。
エーハイムっていうモーターがあんねん。

もーたーが。

オウム返しか。

それをな、オスカーっていう大型魚がいる・・・
オスカープロモーション!
なんえでやねん。俺がオスカーのタレントを捌いてることになるやん。
ほら、エサやエサやいうて・・・おかしいやろ。


話脱線してますが、エーハイムって言うモーターは、水の中の不純物を吸収するためのもので、
機械から泡が出るんで、オスカーというその魚は、泡で遊んだりするんだよ・・・というのが大まかな
内容。
チャチャをいれつつもちゃんと話を聞いているのが剛さんですが、チャチャをいれるか、話を聞くか、
どっちかしかできないのが光一さん。
ここまでの流れを全く理解していなかった、証拠の発言がこれ。

なんていう魚ですか?それ。
・・・オスカー。

剛さんも、あれ?みたいな雰囲気だし、会場もザワザワ。

え?おすかーってさかなのこと? ←テレテレなひらがな喋りが超可愛い。
そうや。
(会場に向かって)え?分かってた?


わかってたー、と会場。すると

うそやん!!
俺、ゆったやん。
またー、分かった振りして~~~!! 
わたし剛くんの言うことなら何でも分かるぅ~!!


と、剛ファン女子キャラ口調で言ってみる光一さんですが。

オスカーっていう魚がおる、ゆうたやん。
え?・・・(オスカーって)機械かと思った・・・。

おいおい。
多分会場みんな分かっていたのに、一人だけ本気で分かってなかった奇跡の人。
そしてこの後「手がかかるけど可愛いやつ」的愛情たっぷりに水槽の中の彼らの話をする剛さんを
「ふ~ん」とか「暗い」とか相槌打ちつつ、話を聞いている光一さんを見ながら、
はは~ん、“魚と遊ぶんなら俺と遊んでくれればいいのに”とか思ってるんだろ。と、客席で妄想して
いたえりりんでした。
この後も散々グダグダトークは続き、MAも巻き込んでさらに長いMCへ突入しますが、
えりりん少々パワー切れ。

続きは次回更新を、まて。
THEME:KinKi Kids - GENRE:アイドル・芸能
KinKi youレポ】 | CM(0) | top↑
<<ままままま | Home | 拍手へお返事。>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
だから王子だってば。   の歩き方
是非、ご一読ください。
参加ブログランキング
お気に召しましたなら、ぽちっと。
ついったー
つぶやく、つぶやく。
プロフィール

えりりん

Author:えりりん
九州の片田舎在住。
趣味は「堂本光一を愛でる」こと。



皆さまのあしあと。

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。